自動車は便利ですがマイナス要因が、これまでにありました

自動車は便利ですがマイナス要因が、これまでにありました

自動車は文明の機器と言われ生活の足となり現代では世界で中古車と新車が走り回っています。しかし我が国でも社会問題になった事がありますが国道沿いの住民は排気ガスで洗濯物が汚れ、騒音や人々の呼吸器に問題が出た事で裁判問題になった経緯があります。その問題の前から地球の温暖化の問題をヨーロッパの学者たちが指摘していました。
この問題は自動車の排ガスだけでなく工場の煙も同じですが、それらを含めて地球の温暖化が進んでいる事を指摘していました。
その後も経済先進国で自動車の生産量を減らすことなく増産を続けてきました。その問題の最中に中国や韓国が自動車産業を目標にしましたので、更に自動車の数が増える事になりました。
しかし自然はヨーロッパの学者たちが指摘したように地球の環境が変化したことです。太平洋の島国は水没の危機になっている事で、他国へ疎開をしています。また北極やスイス国の氷河が解け始めている事です。そしてある国では砂漠化が進んでいるとも言われています。
そのような地球の環境に変化が出てきている事から我が国で自動車の燃料のガソリンを減らして電気と結合させるハイブリット車の開発に成功しました。この成功は世界で初めてですので製造と販売が世界でトップクラスになりました。